2010年10月17日

インターネット映像ニュース等

いくつかインターネット映像のニュースをまとめてお知らせします。

@マリインスキー劇場から徒歩10分ほどの場所には、ロシアの"銀の時代"に活躍した詩人
アレクサンドル・ブロークの記念館(Музей-квартира А. А. Блока)があります。そして、2010年は、マリインスキー劇場創設150周年であり、アレクサンドル・ブロークの生誕130周年にあたります。

この美術館内ではさまざまなイベントが行われていますが、10月13日から11月16日まで、19世紀後半から20世紀前半までのマリインスキー劇場の歴史を彩る大歌手やバレエ・ダンサーの写真展が開催されています。フョードル・シャリャーピン、イヴァン・エルショーフ、オリガ・スペシフツォーワ、ヴァツラフ・ニジンスキー、アンナ・パーブロワ、タマーラ・カルサーヴィナなど、マリインスキー劇場が所有する膨大なコレクションから選別された写真が展示されているそうです。

TVクリトゥーラの文化ニュースと
Вести-Санкт-Петербургの文化ニュースが、どちらも短くその様子が伝えられています。

http://www.tvkultura.ru/video.html?id=184872&doc_type=RNEWS&doc_id=478090


http://www.rtr.spb.ru/vesti/vesti_2010/news_detail_v.asp?id=6322


Aメトロポリタン・オペラの「ボリス・ゴドゥノフ」のプレミエについての1TV(Первый канал)ニュース
ゲルギエフ、ピーメンを歌うペトレンコ、ランゴーニ役のニキーチン、偽ドミトリーを演じるアレクサンドロス・アントネンコ等がインタビューに登場します。

http://www.1tv.ru/news/culture/162758

B北米ツアー中のゲルギエフが、ブルームバーグTVのチャーリー・ローズのトークショーに出演しました。
この番組は現地の10月15日に放送されましたが、残念ながらインターネット上では未配信のようです。

しかし、1996年7月に同番組に出演したときのアーカイブ放送を、こちらのページから視聴できます(さすがにこの当時は、今よりも髪の毛がふさふさして見えます)。クルト・マズア、スラットキンとともに出演したパネル・ディスカッションの番組もあります。

ホロストフスキーとゲルギエフが2002年に出演した番組「A conversation about the opera "War and Peace"」は、最初の数分しか放送されないようです。

同番組のアーカイブには、ナタリー・デセイ、ルネ・フレミング、ジェームズ・レヴァイン等のインタビュー番組も見つかります。

posted by 管理人 at 00:00 | インターネット映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

ボリショイ・バレエの映像のライブ配信計画

ボリショイ劇場は、CielEcran社との共同プロジェクトにより、2010年12月19日(日)から2011年5月末までに、次のバレエ作品を22か国(主にヨーロッパ)の映画館向けにライブ放送を行う計画があるそうです。

日付
作品
作曲家/振付家
2010年12月19日(日)
くるみ割り人形チャイコフスキー/グリゴローヴィチ
2011年1月23日(日)
クラス・コンサート
ジゼル
ショスタコーヴィッチ/ラトマンスキー
アダン/コラリ&ペロー
2011年3月6日(日)
ドン・キホーテミンクス/ゴルスキー&プティパ
 
2011年5月29日(日)
コッペリアレオ・ドリーブ/サン・レオン
改訂振付ヴィハレフ

ライブ配信の技術提供はフランスの企業"Bel Air Mebia"は、これまでにも「ファラオの娘」、「ボルト」、「スペードの女王」、「エウゲーニ・オネーギン」等の録画を行っており、ほとんどがDVDとして発売されています。

今年3月31日には、試験的にボリショイ・バレエの「パリの炎」(アサフィエフ作曲のバレエ)がヨーロッパ各国の映画館でライブ放送されました。このときの詳細は、「ロシアの声」(Voice Of Russia)のこちらの記事でご覧ください。

日本でもこうしたライブ映像を見られる機会があればいいですね。
posted by 管理人 at 00:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

メトロポリタン・オペラの「ボリス・ゴドゥのフ」について

メトロポリタン・オペラでは2010年〜2011年のシーズンが開幕しましたが、10月11日(コロンブス・デーのため祝日)にはムソルグスキーの「ボリス・ゴトゥノフ」がゲルギエフの指揮で上演されます。

スティーブン・ウォズワースによる新演出で、主演はルネ・パーペで、マリインスキー劇場の歌手も参加しています。リハーサルの様子とゲルギエフのインタビューがHTBで紹介されています。10月30日と2011年3月17日の指揮者パーヴェル・スメルコフは、マリインスキー劇場で初演されたオペラ「カラマーゾフの兄弟」の作曲家、アレクサンドル・スメルコフの息子です。

http://www.ntv.ru/novosti/207388/

初日の11日の演奏は、ライブでラジオ放送されるそうです。ニューヨークとの時差は13時間なので、日本の12日(火)の午前8時から聴くことが可能かもしれません。予定演奏時間は、4時間25分(休憩時間を含めず)です。

http://www.metoperafamily.org/stream.aspx

現地ニューヨークの時間はこちらでご確認ください。

また、新シーズンの"MET LIVE VIEWING"の上映スケジュールの詳細はこちらです。

日付曜日時間出演者
10月11日月(祝)19:00指揮:ゲルギエフ
セメンチュク、アントネンコ、ニキーチン、ルネ・パーペ、ぺトレンコ、オグノヴェンコ、バラショフ
10月15日19:00指揮:ゲルギエフ
セメンチュク、アントネンコ、ニキーチン、ルネ・パーペ、ぺトレンコ、オグノヴェンコ、バラショフ
10月18日19:00指揮:ゲルギエフ
セメンチュク、アントネンコ、ニキーチン、ルネ・パーペ、ぺトレンコ、オグノヴェンコ、バラショフ
10月23日12:00指揮:ゲルギエフ
セメンチュク、アントネンコ、ニキーチン、ルネ・パーペ、ぺトレンコ、オグノヴェンコ、バラショフ
10月25日19:00指揮:ゲルギエフ
セメンチュク、アントネンコ、ニキーチン、ルネ・パーペ、ぺトレンコ、オグノヴェンコ、バラショフ
10月30日12:00指揮:パーヴェル・スメルコフ
セメンチュク、アントネンコ、ニキーチン、ルネ・パーペ、ぺトレンコ、オグノヴェンコ、バラショフ
2011年
3月9日
19:00指揮:ゲルギエフ
セメンチュク、アントネンコ、ニキーチン、ルネ・パーペ、ぺトレンコ、オグノヴェンコ、バラショフ
2011年
3月12日
12:00指揮:ゲルギエフ
セメンチュク、アントネンコ、ニキーチン、ルネ・パーペ、ぺトレンコ、オグノヴェンコ、バラショフ
2011年
3月17日
19:00指揮:パーヴェル・スメルコフ
セメンチュク、アントネンコ、ニキーチン、ルネ・パーペ、ぺトレンコ、オグノヴェンコ、バラショフ

posted by 管理人 at 00:00 | マリインスキー劇場関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

マリインスキー劇場オーケストラの北米ツアー

10月中にマリンスキー劇場オーケストラは、次の日程で北米ツアーを行います。

日付曜日時間場所演目
10月10日16:00ミシガン州アンアーバー
ヒル・オーデトリウム
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、マーラー:交響曲第5番
指揮:ゲルギエフ
ピアノ:デニス・マツーエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
10月12日20:00シカゴ
シンフォニー・センター
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、
ショスタコーヴィッチ:交響曲第15番
指揮:ゲルギエフ
ピアノ:デニス・マツーエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
詳細はこちらでご確認ください。
*公演終了後にマツーエフとゲルギエフのサイン会が行われるそうです。
10月13日20:00ノースカロライナ州チャペルヒル
メモリアル・ホール
マーラー:交響曲第1番「巨人」、4番
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
10月14日20:00ノースカロライナ州チャペルヒル
メモリアル・ホール
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
10月16日20:00ニュージャージー州ニューアーク
プルデンシャル・ホール
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、マーラー:交響曲第5番
指揮:ゲルギエフ
ピアノ:デニス・マツーエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
10月17日14:00ニューヨーク
カーネギー・ホール
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
10月19日20:00ワシントンDC
ケネディ・センター
マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
合唱:ワシントン・コラール・アーツ・ソサイエティ
出演者等の詳細はこちらでご確認ください。
10月20日19:30ニューヨーク
カーネギー・ホール
マーラー:交響曲第2番「復活」
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
ソプラノ:アナスタシア・カラーギナ
メゾソプラノ:ズラタ・ブリチョーワ
合唱:ワシントン・コラール・アーツ・ソサイエティ
10月21日20:00ニューヨーク
カーネギー・ホール
マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
合唱:ワシントン・コラール・アーツ・ソサイエティ
出演者等の詳細はこちらでご確認ください。
10月22日AM11:00ニューヨーク
カーネギー・ホール
マーラー:交響曲第5番
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
10月23日20:30ニューヨーク州立大学パーチェス・カレッジ
コンサート・ホール
マーラー:交響曲第5番
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
10月24日16:00ニューヨーク
カーネギー・ホール
マーラー:交響曲第1番「巨人」、4番
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ


posted by 管理人 at 00:00 | マリインスキー劇場オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

マリインスキー劇場コンサート・ホールからのオンライン放送

マリインスキー劇場のメディア・サイトで、本日(10月10日)にコンサート・ホールで行われる青少年向けのコンサートがオンライン放送されるそうです。

リムスキー=コルサコフのオペラ「サルタン王の物語」のコンサート形式による上演で、指揮者はガブリエル・ハイネ、マリインスキー・アカデミーの若手歌手が出演します。

このオペラは、アレクサンドル・プーシキンの民話詩が原作で、三幕で演奏される管弦楽曲の「熊蜂の飛行」だけが知られています。

↓ のURL(Iskusstova.TV)をクリックすると、マリインスキー劇場で「サルタン王の物語」が舞台上演される様子をちらっと見ることができます。かなり色鮮やか舞台装置と衣装ですが、アレクサンドル・ペトロフと白鳥の王女役のオリガ・トリフォノワのインタビューもあります。

http://www.iskusstvo-tv.ru/Opera/Opera-Skazka-o-tsare-Saltane-mariinsky.html

ロシア国外にも配信されるようです。現地ペテルブルグでは午前12時開演なので、日本時間17時になったら、ここをクリックしてみてください。

ご利用のパソコン環境によっては、視聴できない可能性もあります。その点についてはご理解いただけると幸いです。



posted by 管理人 at 00:00 | インターネット映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。