2010年04月19日

第16回ゴールデン・マスク賞の授与式

4月16日(金)にモスクワのゴスチヌィ・ドヴォールのアトリウムで、第16回ゴールデン・マスクの授与式が行われました。2008 - 2009年のシーズンにロシア国内で上演されたオペラ、バレエ、演劇、ミュージカル等が受賞の対象でしたが、マリインスキー劇場関連では4つの賞を獲得しました。

最優秀女性ダンサー:アリーナ・ソーモワ(「イヴァンと仔馬」の皇女役)
最優秀男性歌手:アンドレイ・ポポフ(ゴーゴリ三部作の「イヴァン・フョードロヴィッチ・シポニカとその叔母」、「裁判沙汰」の歌唱に対して)
最優秀振付作品賞:アレクセイ・ラトマンスキー(バレエ「イヴァンと仔馬」)
審査員特別賞:ゴーゴリ三部作(「イヴァン・フョードロヴィッチ・シポニカとその叔母」、「裁判沙汰」、「幌馬車」)

ゴーゴリ三部作は、生誕200年を記念してゴーゴリの誕生日である4月1日(旧露暦3月20日)に発表されました。この作品の写真がフォト・アルバムにアップロードされていました。

http://fotki.yandex.ru/users/Mariinsky-Theatre/album/89944

また、ゴールデン・マスクの授賞式の華やかな雰囲気を伝える映像を見ることができます。

http://www.1tv.ru/newsvideo/164934

最優秀オペラ作品賞は、モスクワ音楽劇場オペラ(スタニスラフスキー=ネミロヴィッチ・ダンチェンコ)の「ランメルモールのルチア」でした。

posted by 管理人 at 00:08 | Comment(0) | マリインスキー劇場関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。