2010年08月27日

ロシアにおけるフランス年―カンヌのロシア文化フェスティバルについて

8月24日から、"ロシアにおけるフランス年"の一環として、南フランスのカンヌで"ロシア文化フェスティバル"が開催されました。

オープニング・セレモニーは、スベトラーナ・メドベージェフ大統領夫人とモナコ大公のアルベール二世も出席し、盛大に行われたそうです。また、マリインスキー劇場の若手歌手(名前は不明)、ペテルブルグのボリス・エイフマン・バレエ団のダンサーたち、軍楽隊アンサンブル等も参加しています。その様子が、TVクリトゥーラの文化ニュースで断片的に紹介されています。

http://www.tvkultura.ru/video.html?id=177838&doc_type=rnews&doc_id=468186

ゲストとして登場しているのは、フランスの有名な俳優兼歌手であるシャルル・アズナブールです。
彼自身はフランス生まれですが、父親はグルジアの出身で、母親はアルメニア系トルコ人という国際色豊かな背景を持ち、ロシア語とアルメニア語を含め、数か国語で歌が歌えるそうです。また、アルメニアの無任所大使(Ambassador at large)も務めています。

ロシア文化フェスティバルには、4月6日にご紹介したゲルギエフのドキュメンタリー「ヴァレリー・ゲルギエフ―神々の黄昏」を含め、ロシア映画も上映されるそうです。監督のセルゲイ・ミロシニチェンコもインタビューに登場しています。

このドキュメンタリーは、今でも"Телеканал "Россия"のアーカイブとしてオンデマンド視聴できるようです。
ご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

posted by 管理人 at 00:00 | ロシアにおけるフランス年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。