2010年09月14日

第228シーズンの開幕について

マリインスキー劇場の228シーズンは、本日(9月14日)ゲルギエフの指揮する「ホヴァーンシチナ」で開幕します。
翌日15日のコンサート・ホールのシーズン開幕は、フランスの名ソプラノ、ナタリー・デッセーを迎えて「ランメルモールのルチア」(コンサート形式)が上演されます。

また、17日(金)は、建築家アルベルト・カーヴォスによるマリインスキー劇場の創設150周年を祝したガラ・コンサートが行われます。
ゲストとしてナタリー・ディセー、オリガ・ボロディナ、ウラジーミル・ガルージン、ディアナ・ヴィシニョーワ、ウルリヤ・ロパートキナ、デニス・マツゥーエフ等豪華なメンバーの参加が予定されています。

228シーズンの初演としては、10月にレオシュ・ヤナーチェックの「マクロプロス事件」が予定されており、バレエ団は著名な振付家イリ・キリアンとアンジェラン・プルレジョカージョの作品を上演することが明らかになっているだけです。
今シーズンも、マスレーニッサ、国際バレエ・フェスティバル(2011年4月14〜24日)、白夜祭(2011年5月27日〜7月24日)が行われるそうです。

シーズンの予定の詳細については、明日(15日)に行われる記者会見でゲルギエフが明らかにするそうです。
posted by 管理人 at 21:59 | 228シーズンの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。