2010年10月14日

ボリショイ・バレエの映像のライブ配信計画

ボリショイ劇場は、CielEcran社との共同プロジェクトにより、2010年12月19日(日)から2011年5月末までに、次のバレエ作品を22か国(主にヨーロッパ)の映画館向けにライブ放送を行う計画があるそうです。

日付
作品
作曲家/振付家
2010年12月19日(日)
くるみ割り人形チャイコフスキー/グリゴローヴィチ
2011年1月23日(日)
クラス・コンサート
ジゼル
ショスタコーヴィッチ/ラトマンスキー
アダン/コラリ&ペロー
2011年3月6日(日)
ドン・キホーテミンクス/ゴルスキー&プティパ
 
2011年5月29日(日)
コッペリアレオ・ドリーブ/サン・レオン
改訂振付ヴィハレフ

ライブ配信の技術提供はフランスの企業"Bel Air Mebia"は、これまでにも「ファラオの娘」、「ボルト」、「スペードの女王」、「エウゲーニ・オネーギン」等の録画を行っており、ほとんどがDVDとして発売されています。

今年3月31日には、試験的にボリショイ・バレエの「パリの炎」(アサフィエフ作曲のバレエ)がヨーロッパ各国の映画館でライブ放送されました。このときの詳細は、「ロシアの声」(Voice Of Russia)のこちらの記事でご覧ください。

日本でもこうしたライブ映像を見られる機会があればいいですね。
posted by 管理人 at 00:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。