2010年08月10日

ゲルギエフ指揮―BBCプロムス公演のライブ放送予定(8/16-23)

今秋に来日公演を行うゲルギエフとロンドン交響楽団(LSO)がロンドンのBBCプロムスに登場します。
この公演もライブ中継され(日本との時差は8時間)、その後7日間オンデマンドで放送される予定です。

詳細はこちらをクリックしてご確認ください。

8月16日(月)19:30〜
ロイヤル・アルバート・ホール

スクリャービン:交響曲第1番
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」(1910年版)

指揮:ゲルギエフ
オーケストラ:ロンドン交響楽団
合唱:ロンドン交響合唱団
メゾソプラノ:ナデジダ・セルジュク
テノール:セルゲイ・スコロホドフ

posted by 管理人 at 00:00 | ゲルギエフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

ゲルギエフ指揮―BBCプロムス公演のライブ放送(8/12日まで)

8月5日(木)にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで、ゲルギエフの指揮するワールド・オーケストラ・フォー・ピースのプロムス公演が行われました。ワールド・オーケストラ・フォー・ピースは、15年前の1995年に故サー・ゲオルグ・ショルティにより国連発足50周年を記念し、世界中の優れた演奏家を集めて結成されました。

今回のプログラムは、マーラーの交響曲第4番と交響曲第5番です。4番のソプラノ独唱は、スウェーデン出身のカミラ・ティリングでした。

ゲルギエフとワールド・オーケストラ・フォー・ピースは、8月6日(金)にザルツブルグ音楽祭の祝祭大劇場で公演を行い、8月10日(火:14時)にプロムスに再登場します。いずれの公演も同じ曲目とソリストです。

8月5日の演奏を、1週間の期間限定(8月12日まで)でインターネット・オンデマンド放送で聴くことができます。
残念ながら、映像はイギリス国内に限定して公開されているようです。

BBCプロムス2010公式ホームページこちら(交響曲第4番:60分)と、こちら(交響曲第5番:1時間19分)をクリックしてください。

どちらの放送も、演奏前に5分程度のゲルギエフのインタビュー(英語)があります。
posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | ゲルギエフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

2011年開催の第16回チャイコフスキー国際コンクールについて

来年はモスクワでチャイコフスキー国際コンクールが開催されます。
会場となるモスクワ音楽院大ホールは、修復のために今年5月から休館中で、来年のコンクールの時期(6月14日から7月2日まで)に合わせて再開する予定だそうです。しかし、財政難などの問題で、(当然ながら)工事の遅延や延長が懸念されています。


そのため、6月30日に行われたコンクール組織委員会で議長を務めるゲルギエフが、コンクールの一部の審査部門(声楽とヴァイオリン)をペテルブルグに移動させる提案をしたそうです。ペテルブルグはチャイコフスキーにゆかりの深い街であり、優れたコンサート・ホール(フィルハーモニーとマリインスキー)とオーケストラがあり、権威ある本コンクールの審査には十分対応できる、と主張したそうです(しかし、その時期は白夜祭の時期と重なるのでは…)。

また、声楽部門の名誉審査員長をプラシド・ドミンゴに依頼し、同意を得ているとか。その他にもエレーナ・オブラスツォーワやレナータ・スコット、テレサ・ベルガンサ等の往年の大スターが審査員候補に含まれているそうです。


この提案は、すでに文化大臣アレクサンドル・アヴデーエフにも伝えられ、来年のコンクールに限って、モスクワ/ペテルブルグ二都市で同時開催する可能性も検討されるようです。


ゲルギエフの記者会見を伝えるニュース。

http://www.tvkultura.ru/video.html?id=172562&doc_type=rnews&doc_id=460536


http://www.vesti.ru/doc.html?id=373870


posted by 管理人 at 21:47 | Comment(0) | ゲルギエフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

バンクーバー・オリンピックの閉会式(そのA)

以前の記事でも紹介しましたが、バンクーバー・オリンピックの閉会式で2014年ソチ・オリンピックのデモンストレーションにゲルギエフ、マリア・グレーギナ等が登場しました。

NHKのホームページでダイジェスト映像を見ることができます。

http://www9r.nhk.or.jp/olympic3/r/viewer_normal.html?c=EX2_1006

残念ながら、小林幸子さん顔負けの衣装のグレーギナが歌う場面もありませんでした。
また、これらの映像の公開は3月末で終了するようです。

ゲルギエフが演奏していた曲は、「ロシア人なら誰でも知っている、"タイム・フォワード"」と解説されていましたが、
一般的に知られている題名は、「時よ、前進」(スヴィリードフ)ですね。
かつてのモスクワ放送(ロシアの声"Голос России")のオープニングにかかっていたのがこの曲です。

posted by 管理人 at 23:36 | Comment(0) | ゲルギエフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

バンクーバー・オリンピックの閉会式でのパフォーマンス

3月1日のバンクーバー・オリンピック閉会式では、次期開催都市であるソチのデモンストレーションが行われました。北米ツアー中のゲルギエフが登場し、モスクワの赤の広場にいるオーケストラを遠隔で指揮したり、マリア・グレーギナの歌、ナフカ&コストマロフ(トリノ・オリンピックの金メダリスト)のスケート、ボリショイ、マリインスキー、ノボシビルスク・バレエ団のダンサーたちの華やかな踊りも披露されました。

豪華なメンバーに相応しく衣装も豪華で、演出も派手でしたが、あっという間に終わってしまい、ちょっともったいなかった気がします。オリンピックは参加することに意義があるのだから、あれでもいいのかもしれませんね。

↓でニュース映像をご覧いただけます。
映像のリンクが間違っていたため、修正しました。申し訳ございません。5/20

http://www.1tv.ru/sprojects_edition/si=5786&fi=3485
posted by 管理人 at 00:05 | Comment(0) | ゲルギエフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。