2010年08月07日

映画「終着駅―トルストイ最後の旅」について

ロシアの大作家トルストイの没後100周年にあたる今年の秋(9/11から)に、映画「終着駅―トルストイ最後の旅」が日本で公開される予定です。映画の公式ホームページはこちらです。

映画では、トルストイの最晩年が描かれていますが、ロシア・英・ドイツの共同製作なので演じている俳優は英語圏出身です。
そのため、今年7月にロシア語の吹き替え版が完成したニュースが放送されました。

http://www.vesti.ru/videos?vid=290864&p=2&sort=1&cid=460

ロシアでの一般公開は11月11日からで、タイトルは「Последнее воскресение」です。
カナダの俳優クリストファー・ブラマーが演じているトルストイ伯爵は、「ロマノフ王朝の最期」でラスプーチンを演じたアレクセイ・ぺトレンコが吹き替えを行ったそうです。

トルストイの妻ソフィア役はイギリスの大女優ヘレン・ミレンです。NHKでも放送されたサスペンス・シリーズ「第一容疑者」(1996-2006年)の女性警部テニスン役や、映画「クイーン」のエリザベス女王役などでアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞を受賞しています。

彼女はロンドン生まれですが、本名をエレーナ・ヴァシリヴィナ・ミローノワといい、父方の祖父母は、革命のためイギリスへ亡命したロシアの貴族です。彼女の祖母、リディア・アンドレーヴィナ・カメーンスカヤは、ロシア帝国の第36代陸軍元帥ミハイル・カメーンスキー伯爵のひ孫という由緒ある家系だそうです。そういうわけで、「ホフマン監督が本当はソフィア役にメリル・ストリープを希望していたことは知っていますけど、トルストイ伯爵夫人を私以上に演じられる女優はいませんよ」と言って記者会見で笑いを誘っていました。

タグ:映画
posted by 管理人 at 00:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

プスコフにおけるオペラ「プスコフの娘」の上演について

リムスキー=コルサコフが最初に作曲したオペラ「プスコフの娘」は、ペテルブルグの南西に位置する都市プスコフの動乱の歴史を背景にしています。プスコフ市内から車で二時間ほどで、アレキサンドル・プーシキンが幽閉させられていた風光明媚なミハイロフスコエ村に行くことができます。

プスコフ州知事アンドレイ・トゥルチャクの発案で、「プスコフの娘」が市内のクレムリンを舞台に野外上演されました。ボリショイ劇場とマリインスキー劇場から指揮者とソリストを招聘し、その他の出演者は500〜700人、観客は4,000人という大規模な上演だったそうです。

マリインスキー劇場からはアレクセイ・タノヴィツキー(バス)、アレクサンドル・ポリャニチコ(指揮)、ユーリー・ラプチェフ(演出)が参加しました。


配役:(2010年7月22日午後10時30分開演)
イヴァン雷帝:アレクセイ・タノヴィツキー
トクマコフ公:ヴャチスラフ・パチャプスキー
オリガ:エカテリーナ・シチェルバチェンコ
ミハイル・トゥチャ:ロマン・ムラヴィツキー

音楽監督・指揮:アレクサンドル・ポリャニチコ
演出:ユーリー・ラプチェフ


この公演については、いくつかのメディアで紹介されています。

http://www.rtr.spb.ru/vesti/vesti_2010/news_detail_v.asp?id=4486
↓舞台に猫が迷い込んだのどかな様子も収録されています。
http://www.tvkultura.ru/video.html?id=174718&doc_type=RNEWS&doc_id=463860


http://www.1tv.ru/news/culture/158145

画面下にスクロールすると写真もあります。
posted by 管理人 at 00:00 | インターネット映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

第228シーズンの開幕と2010年9月のスケジュール

2か月に渡って行われた白夜祭は、7月21日の「アッティラ」で終了しますが、マリインスキー劇場では翌日の「イーゴリ公」まで公演が行われます。

第228シーズン(2010-2011年)は、約2か月後の9月14日に、オリガ・ボロディナとウラジーミル・ガルージンの出演する「ホヴァーンシチナ」で開幕します。

以下のスケジュールは7月下旬現在のものなので、最新情報はマリインスキー劇場のサイト必ずご確認ください
 
日付曜日時間場所種別演目
9月14日18:00マリインスキー劇場オペラムソルグスキー:「ホヴァーンシチナ」
指揮:ゲルギエフ
出演者:ボロディナ、ガルージン
9月15日19:00マリインスキー劇場バレエハチャトゥリヤン:「スパルタクス」
9月15日19:00コンサート・ホールオペラドニゼッティ:「ランメルモールのルチア」(コンサート形式による上演)
指揮:ゲルギエフ
出演者:ナタリー・デセイ
9月16日    
9月17日19:00マリインスキー劇場 マリインスキー劇場創設150周年記念
ガラ・コンサート
詳細未定
9月18日14:00マリインスキー劇場バレエ白鳥の湖
9月18日19:00マリインスキー劇場バレエ白鳥の湖
9月18日19:00コンサート・ホールコンサートオルガンの夕べ
9月19日11:30マリインスキー劇場バレエシチェドリン:「イヴァンと仔馬」
9月19日19:00マリインスキー劇場オペラチャイコフスキー:「マゼッパ」
9月20日   休み
9月21日19:00マリインスキー劇場オペラカルメン
9月22日19:00マリインスキー劇場バレエ眠れる森の美女
9月22日19:00コンサート・ホールオペラセヴィリアの理髪師
9月23日19:00マリインスキー劇場オペラエウゲーニ・オネーギン
9月24日19:00マリインスキー劇場オペラスペードの女王
9月25日19:00マリインスキー劇場バレエヤコプソン振付:シュラリェー
9月25日19:00コンサート・ホールオペラ魔笛
9月26日11:30マリインスキー劇場バレエヤコプソン振付:シュラリェー
9月26日19:00コンサート・ホールオペラ魔笛
9月26日19:00マリインスキー劇場オペラグリンカ:「ルスランとリュドミーラ」
9月27日   休み
9月28日19:00マリインスキー劇場オペラプロコフィエフ:「炎の天使」
9月29日19:00マリインスキー劇場バレエハチャトゥリヤン:「スパルタクス」
9月29日19:00コンサート・ホールコンサートオルガンの夕べ
9月30日19:00マリインスキー劇場オペラヤナーチェック:「イェーヌファ」

2010年07月15日

マリインスキー劇場オーケストラのドイツ公演(7/21〜23)


5月21日の記事でお伝えしたバーデンバーデン祝祭劇場での公演のあと、ゲルギエフとマリインスキー劇場オーケストラは、ドイツの都市で公演を行います。このツアーと227シーズンの終了後に、短い休暇が入るそうです。

9月後半に228シーズンが始まりますが、その前にスペイン、スロベニア、スゥエーデン、オーストリア、オランダ、スイス、フランス等でオーケストラの公演が予定されています。詳細は後日お知らせいたします。

日付曜日時間場所演目
7月21日20:00ラインガウ音楽祭
ヴィスバーデン
フリードリヒ・フォン・ティエルシュ・ホール
マーラー生誕150周年
マーラー:交響曲第9番
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
7月22日20:00ハンブルグ
ライスハレ・ホール
ベルリオーズ:歌曲集「夏の夜」
シチェドリン:管弦楽のための協奏曲第1番
ラフマニノフ:交響的舞曲
メゾソプラノ:エリーナ・ガランチャ
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
7月23日20:00リューベック、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭
ムジク&コングレス・ホール
マーラー:交響曲第9番
指揮:ゲルギエフ
マリインスキー劇場オーケストラ
posted by 管理人 at 22:50 | Comment(0) | マリインスキー劇場オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

227シーズン最後のプレミエ:ヴェルディ「アッティラ」の初演

マリインスキー劇場では、7月13、14、21日にヴェルディのオペラ「アッティラ」を初演します。
「アッティラ」は、1846年にヴェネッツィアのフェニーチェ劇場で初演されました。
原作は、1809年に発表されたフリードリヒ・ツァハリウス・ヴェルナーの戯曲「フン族の王アッティラ」です。

このオペラのロシア初演は、1849年のオデッサ(現在はウクライナ)のオペラ劇場でした。
ペテルブルグではこれまで上演されたことがなく、今回のプロダクションが事実上のペテルブルグ初演でした。また、マリインスキー劇場で舞台上演されたヴェルディのオペラは、これで10作品になりました。

13日(火)の初日キャストは、次のとおりです。

アッティラ:イリダール・アブドラザーコフ
オダベッラ:マリア・グレーギナ
エツィオ:ウラジミール・ヴァネーエフ
フォレスト:エウゲーニ・アキーモフ

演出のアルツゥーロ・ガマは、メキシコ出身でこれまでにドイツの劇場を中心に活躍してきました。
ロシアで仕事をするのは、今回が初めてだそうです。
100TVが初日の様子を伝えています。やや短めですが、劇場の熱気が伝わってきます(単に猛暑で空調が悪いのかも・・・)。

http://www.tv100.ru/video/view/34734/

文化放送(クリツゥーラ)のニュースでは、セカンド・キャストでオダベッラを歌うムラダ・フドレイのインタビューなど。

http://www.tvkultura.ru/video.html?id=173704&doc_type=rnews&doc_id=462288

また、マリインスキー劇場の専用Youtubeで、グレーギナ、アブドラザーコフのリハーサルの様子がわかります。

http://www.youtube.com/user/MariinskyRu#p/u/0/GuSvyV2qyxI
posted by 管理人 at 22:03 | Comment(0) | 227シーズンの初演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。